Skip to content

通信高校のメリット

高校卒業資格は全日制や定時制の高校を寿都行することでも得られます。しかし通信高校卒業も、立派に高校卒業です。それぞれに長所はありますが、通信制には通信制だけの大きなメリットも見られます。


<通信高校のメリット>

今では単位制などの例外もありますが、主な全日制や定時制は、学年制と単位制の併用です。学年によって決まっている単位数を取得しなければならず、それが出来なければ留年してしまいます。「単位制」は学年にとらわれることはありませんが、これを採用している全日制や定時制はまだごく一部です。通信高校はスクーリングはあるものの、毎日通学することは求められていません。自分の計画によって学習することが出来ますし、3年以上を掛けてなければ卒業できないということ規定以外、何年以内に卒業しなければならないというものは公立の通信高校には設けられてはいません。5年、6年、それ以上、自分のペースで学習し、時間を掛けて卒業するということも許されるシステムなのです。入学時期は年に2回に決まっている学校もありますが、試験はなく、面談で勉学への意欲が感じられれば入学は許されます。大きな問題がない限り拒否されることはないでしょう。公立は学費が少なく経済的な負担があまりありません。そのため、自分の力で続けらるのです。これが通信高校の最大のメリットです。