Skip to content

通信高校で学びたいことを学ぼう

自分の好きなことを早くから学びたい!と思っている人も多いのではないでしょうか?
高校を卒業してから専門学校へ進学して好きなことを学ぶ・・・それが今までの形でしたが、現在では通信高校でもそういったことを学べるようになっているみたいなんです。
中学を卒業してすぐ自分の好きなことを学ぶことが出来るようになっているので、将来の夢に向かって頑張りたい人たちには、すごくいいものなのではないでしょうか?
また、働きながら好きなことを学ぶと言うのもいいですよね。


通信高校では何が学べるの?

これはその通信高校によって違いますが、アニメやマンガ・美容師・声優などについて学べるところも現在ではあるそうです。
確かに早くから学ぶことによって、将来の夢を叶えやすくなりますよね。
ただ、そういった通信高校ですと費用が本来の学校よりも費用が少し高くついてしまったりしますから、最初に資料請求をして色々確認して見るのがいいですよ。
詳しいことを知りたい時は、ネット検索してみるのも良し!


なんとなくで通ってはダメ

やっぱり通信高校に通うのなら、何か目的を持った方がいいですよ。
ただ何となく通っているのは時間とお金がもったいなくなってしまいます。
目的はどんなものでもいいと思いますよ。
卒業認定が欲しいとか友達を作りたい、勉強がしたいとか空いた時間で自分の趣味を充実させたいという目的もアリだと思います。
何も目的が無いとただ毎日をそのまま過ごしてしまうだけになってしまうので、何か一つくらいは目的を!

参考サイト:通信制高校を検索(http://www.tsuushinsei.net)

通信高校の費用について知りたい

通信高校に通う前に知っておきたいことってありますよね?
どんな特色があるのかというのも大事だとは思いますが、一番気になるのは通信高校の費用ではないでしょうか。
費用は全日制高校と比べて比較的に安くなっています。
毎日通学しなくても良いので、課題や教科書、その他の費用だけで済むようですよ。
何かの事情で通う人も多いですが、最近ではやりたいことを見つけて進む人も多くなってきているみたいです。


通信高校の特長は?

通信高校の特長は、学習時間以外に自由な時間が多くあることだと思います。
自由な時間が多いので、好きなことをする時間にしたりアルバイトをしたりと有効に使う事が出来るのですごくいいですよね。
ただ、自己管理が出来ない人はだらだらと過ごしてしまいがちになってしまうので、ご注意を。
他にも、不登校になっていた人や欠席が多くて留年してしまった人も通信高校に通う事が可能なので、これも魅力の一つだと言われています。


課題の進め方は?

通信高校の課題の進め方は人によって変わってきます。
どのようにして進めたら効率が良いのでしょうか。
やっぱり本屋で参考書を買って解くのがいいと思いますが、それでも解けない時はスクーリングの際先生に質問してみるのが良いでしょう。

通信高校を意識して自分の学べる環境を作ろう

通信高校はその自由度の高い学習方法がとても人気で、自分の都合に合わせて登校日の有無を決めたり、その学習方法を選択出来たりと、自分の夢に向かって進んで行けるというとても大きなメリットを含んでいる学校となります。

そこで今回はそんなおすすめの通信高校で自分に合っている学びの環境を作る方法についてご紹介を致します。


自分がどのようなライフスタイルかを確認すること

通信高校を利用しようと言う方の中には、高校を中退したり不登校になったりといった方がとても多くいらっしゃいます。そして途中で家にいることが多くなった方の場合は、そうなった原因にもよりますが、自分のライフスタイルが朝晩逆転していることがとても沢山あります。この朝と晩が逆転している状態は健康にも悪く通学に一番向いていない生活の仕方となります。通学をしたいとお考えの方は、まずこのライフスタイルをまず見直すこと、もし通信高校で年に1度や2度程度の通学のみにしたいとお考えの方も、なるべく朝に起きて勉強を行い、夜に就寝するといった癖を付けるように意識してみましょう。
何故通信高校なのにライフスタイルが重要なのかと言うと、その通信高校を卒業した後は社会人として自分でお金を稼ぐというステージが待っているからです。確かに夜の方が元気になるので夜間に働く人になりたいという場合には、あまり必要には見えないものです。ですが太陽の日差しを全く浴びない生活をしていると、自分の中にある体内時計に狂いが生じ、うつ病などの精神的な病や生活習慣病のような治療が難しい病を発症するリスクが高まってしまいます。せっかく高校卒業の資格取得や技術を学びたいと通信高校を選ぶのなら、その後の自分の人生もきちんと計画して、病気に負けない身体と心を養う方が良いですね。自分のタイプをしっかり確認して、自分は一体今どのような生活を毎日送っているのかという点を書き出し、昼夜逆転の生活をしていたらなるべく元に戻すようにしてみて下さい。


無理な生活をしていると通信高校は無駄になる

更にそういった朝と夜が逆転をしている場合には、通信高校での学びが意味のないものになる場合があります。実は人間の脳は朝起きた直後が一番知識の入る状態で、朝日と共に起きて学習をすることが一番良い勉強方法となります。しっかり睡眠をとってもし朝起きるのが苦手だとしても、繰り返し目覚まし時計を設定して起きるようにすれば、その習慣が身体に沁みつき、嫌でも朝に強い身体へと変化をしていきます。朝に弱いと思っていても実際は寝すぎているという状態や、遅い時間に寝てしまって睡眠時間が足りないといった状態で頭がクラクラしているという場合もあります。自分が朝は苦手なのでと言ってそのままにしておくと、一番良い時間帯に勉強をすることが出来ません。そして通信高校のカリキュラムは自宅学習という方法もあり、自宅で自分の好きな時間に勉強をしてレポートを提出するといった方法をとることも可能になります。
しっかりと通信高校の勉強を自分のものにするためにも、朝晩が逆転した生活を見直して知識が一番頭に入りやすい朝に勉強をするようにしましょう。

通信高校のメリット

高校卒業資格は全日制や定時制の高校を寿都行することでも得られます。しかし通信高校卒業も、立派に高校卒業です。それぞれに長所はありますが、通信制には通信制だけの大きなメリットも見られます。


<通信高校のメリット>

今では単位制などの例外もありますが、主な全日制や定時制は、学年制と単位制の併用です。学年によって決まっている単位数を取得しなければならず、それが出来なければ留年してしまいます。「単位制」は学年にとらわれることはありませんが、これを採用している全日制や定時制はまだごく一部です。通信高校はスクーリングはあるものの、毎日通学することは求められていません。自分の計画によって学習することが出来ますし、3年以上を掛けてなければ卒業できないということ規定以外、何年以内に卒業しなければならないというものは公立の通信高校には設けられてはいません。5年、6年、それ以上、自分のペースで学習し、時間を掛けて卒業するということも許されるシステムなのです。入学時期は年に2回に決まっている学校もありますが、試験はなく、面談で勉学への意欲が感じられれば入学は許されます。大きな問題がない限り拒否されることはないでしょう。公立は学費が少なく経済的な負担があまりありません。そのため、自分の力で続けらるのです。これが通信高校の最大のメリットです。

通信高校でも制服を起用する学校が増加

通信高校では今まで、生徒の自主性などを重んじるという教育方針が多かったことから、制服などの着用義務がなく、制服の起用がない学校も多かったようです。私服通学を認めていたことから、編入や転入生などは前の学校の制服を着用するといったこともあったと言われるそうです。


通信高校の生徒も制服が着たい

数年前から、日本では学生の間で制服がブームになっているそうです。過去、できれば着たくないという人も多くいたようですが、高校生までしか着る機会のない洋服であることなども手伝って、若者が多い街には、制服のようなブレザーやシャツ、ソックスなどを販売しているお店も増えているようです。そこで制服に注目した通信高校では、若い世代に人気の高いメゾン、セシルマクビーとデザイン面でのコラボレーションを行った制服を起用しています。


細かい部分にも生徒の声を

ファッション科などを併設している通信高校がこの制服の企画などを行ったそうです。細かい部分にも生徒の意見や希望を取り込んでいて、プリーツの隠れている部分にもロゴを配置するなど、生徒が着たい制服つくりを行ったそうです。多くの場合、着用義務などはなく、希望者のみの購入、着用で、自分の持っているアイテムとの併用も認めているそうです。

実利を備えた通信高校

通信高校では一般学習の他に、専門スキルを身につけるコースも用意されているので、高校を選択する時は、自分の目指す専門的なコースがあるかどうかの確認をすることが大事です。芸術、スポーツ、プログラマー、グラフィックなどいろいろな分野の選択肢があり、仕事をしながら高校資格を取り、同時並行でスキルを身につける一石三鳥の実利を得ることが可能です。やる気のある人の通信高校は、しっかり目的を持ち辛抱強く努力する人にとってはこれ以上ない学習環境が得られます。


<より高みを目指した学習方法>

通信高校の卒業は、最短で3年長い人では10年以上かける粘り型の人も居ます。このように個人の学習進度によって、卒業までの期間が長い短いが決まりますが、専門スキルを上げたいと思えば、年月をかけてより次元の高いスキルを身につけ、在学中に各種資格を取るのも一つのやり方だと思います。基本的には自宅での学習が主体ですが、月に何回かの直接指導を受ける機会があるので、学習で行き詰ったり疑問が生じた時などは、登校日に先生に直接指導を受けることが出来るので、登校日には必ず参加するようにすると学習効率も上がってきます。通信高校には、2学期制を採用し4月と10月に募集している高校が多いので、中途半端な気持ちでなくじっくり時間をかけて自分に合った高校を選び、やる気を持続させてくれる様な学習環境を整えることが重要になります。

通信高校に制服はあるの?

通信高校では生徒の自由な発想などを大切にする校風が多いこと、美容系の資格等を扱うところもあることから、制服の着用が義務付けられているところは非常に少ないようです。しかし、通信高校でも制服を起用する学校が増えてきています。


通信高校もかわいい制服が続々

通信高校だけでなく、学校を選ぶ際には制服で選びたいという人も多いそうです。また日本ならではの文化だと言われていますが、制服には気分を切り替える効果などもあるとして、職場でも活用されていると言われています。バンダイではガンダムの見学工場のスタッフにガンダムに出てくる同じ制服を着ていると話題になったことを知っている人も多いかと思います。


若い世代に人気の高いブランドとコラボ

通信高校の一部では、109系ファッションブランドと制服をコラボレーションしたことで、メディアも制服を取り上げたと言われています。高校生からも人気の高いブランドのロゴが入ったかわいい制服は、プリーツの裏側など見えない部分にも工夫が凝らされているそうです。これらの制服は多くの場合、購入は生徒の自由で、自分の好きなアイテムと着あわせができると言われています。10代しか着ることのできない制服を楽しんでみましょう。

通信高校で気を付けておきたいこと

通信高校に通う時に気を付けておきたいことがあります。
一つは、自己管理が出来るようにしておくことで、これが出来ないとだらだら過ごしてしまって課題をしなかったりという事になりますから、気を付けてほしいところですね。
自己管理が出来ないと時間配分などもいい加減になってしまうので、出来るようにしておきましょう。
次に気を付けてほしいのは、スクーリングについて。
全く学校へ通わないというわけではないから、その点も忘れずに覚えておくようにして下さい。


通信高校は独力で課題をする

通信高校で出される課題は、自分で進めていかなければいけません。
だからこそ、上記で話した自己管理という力が求められるのです。
ただ、一日中勉強をしていろというわけではなく時間を決めて毎日コツコツ進めていけばいいんです。
一日3時間は課題をこなして、残りの時間は趣味の時間や他に時間を使っても大丈夫。
もし、解けなかったときはネットなどで検索して公式を調べてみるのもいいかもしれません。


自宅ではなく違う場所で

通信高校の課題は自宅で進めている人が多いのではないかと思いますが、それでははかどらない時もありますよね。
自宅だとどうしても気が緩んでしまって集中力が持続しない・・・そういう人は、学習する場所を変えてみるのがいいですよ。
図書館とかカフェ、ファミレスなどで進めるのもおすすめ。
ただし、周囲の人たちに迷惑をかけない程度でするのが一番ですよ。

通信高校で交流を深めよう

通信高校は毎日通学しないで自宅で過ごすことが多いから、友達を作れないんじゃないかって悩んでいる人はいませんか?
そう考えてしまいがちですが、そんなことはありませんから安心して下さい。
クラブ活動が出来るところも増えてきているから、ぜひ参加をしてみてはどうでしょう?
友達を作るチャンスの場だと思うので、積極的に話しかけたりしてみて。
もしかしたら、すぐに打ち解けて仲良くなれるかもしれませんよ。


通信高校の年齢層について

通信高校の年齢層について知りたい人もいるでしょう。
自分と同じ年の人もいれば、もっと年上の人達も通っていますから、色々な人達と交流を深めることが出来るので新鮮ですね。
なかなか聞けないような話を聞くことも出来るかもしれません。
視野や世界が広がりますので、自分の成長にもきっと繋がってくるはずです。
多くの人達と交流を深めて、自分の視野を更に広げていってみて下さいね。


スクーリングについて

ここで忘れてはいけないのは、スクーリングです。
通信高校は全く学校へ通わないというわけではないので注意して下さい。
その学校によって違ってきますが、月に何度か通うので忘れずに。
その際、課題やレポートを提出しなくてはいけないので、しっかりこなして提出できるようにしておきましょう。
また、分からない問題があった場合は先生に聞いてみるのがいいですよ。

気になる通信高校の評判は?

皆さんも評判が気になるときってありますよね。
例えばレストランとかショッピングするお店などについての評判を気にしている人も多いはず。
それはきっと通信高校も同じだと思うんです。
どんないいところがあって悪いところがあるのか。
最初に評判について調べてから決めるのも良い方法だと思いますよ。


通信高校に対してどんな声があるの?

その通信高校によって意見が異なりますが、一番多いのは通いやすいというものでした。
毎日通学するのではなくて、月に何度か通う事になっているのでそれが嬉しいという声。
確かに、毎日通うのは人によって難しかったりするから助かりますよね。
また、単位制になっているところが多いので留年の心配がないのも魅力だという人も多くいるみたいです。
卒業するまでに必要な単位を修得すれば良いから、とても進めやすいのではないでしょうか。


無理なく自分のペースで

通信高校は自分のペースで進めることが出来るので、無理なく卒業に必要な単位を取得することが出来るようになっています。
そうは言っても、自己管理が出来ない人にとっては厳しいと思いますから、そういう人はまず自己管理できる力を身につけましょう。
大人でも自己管理は難しいので、少しずつ身につけるようにしていくのが良いですよ。
もちろん、無理をしない程度で頑張りましょう!